スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湖西・湖北ツーリング

individual eleven

28日は、かねてから
呑吐コミュでツーリング行くメンバーS(団体名が無い)で
ツーリング行くから予定空けとけ「令」が出ていまして
前日に行先が全く別の場所になったり
直前まで天気予報が悪いほうへ二転三転してたりしたけど
蓋を開ければ、非常に良い一日になりました。

ルート概要
神戸→鯖街道→奥琵琶湖→マキノ(並木)→鯖街道→神戸

■ルート詳細(Google Mapのルート検索で表示)

往路(ポートタワー→竹庵)

復路(つづら尾崎展望台→ポートタワー)



ちょっと睡眠時間が短めでまだちょっと眠かったんだが
一応8時には合流地点の京橋PAに着いときたかったので出発
先ずは給油を済ませて、トリップリセット。
んが、
第二神明(明石西)に乗ったら料金所の先がすでに混んでるとかw

事故渋滞のようですが、ジーっと待ってるのが疲労しそうなので
車列が停まってる際にスリ抜けで回避していったら
なんか業者がちゃんと作った「珍型2輪車」2台積んだトラックと
軽4輪とミニバンの3台が玉突きやってました。
(もっといたのかも知れんがミニバンがレッカーされていく状態だった)

珍車に見とれてて突っ込んだのかよ…
MOVEっぽい軽は前後つぶれてたんで挟まれた模様
ミニバンは前だけだったのでこいつが突っ込んだな・・・
珍2台積車は、商品ぽい珍2台には影響なかったぽい
車の損傷具合はわからんがトラックの後部のが軽の前より硬いよな・・・
ミニバンと軽はグッシャリベコベコ自走不能
人間は皆無事のようだった

其の後はスイスイと流れ8時前に京橋PA入り

IMGP0861.jpg

待つこと半時間強、
一応本体の集合時間なのでラプちゃんにメールしたら
電話が帰ってきて
ラ「アツコ嬢がもうちょっと時間かかるみたいです」
ラ「SATOさんが間違えて呑吐に集合してしまって今こちらに向かってます」
京都以降\(^o^)/渋滞決定

ペンギンさんと名神の桂川PAで合流なので
SATOさんには箕谷から北神戸線入り→中国道→名神吹田→桂川合流
という指示が出せたら、もうちょっと早く移動できたかもだが、
コレは普段、高速道路で他府県まで移動したりして無いと思いつかないわな。
9時過ぎにやっと出発しますとの連絡ありPA出口付近で待機
本体が京橋入口に現れて合流できたのが9時20分ごろ(笑)

此処のツーリングの課題として(夜中遅くまで働いてる人がいて難しいけど)
涼しい8時台までに混雑しそうなトコを抜けれるようにしたいですね




阪神高速3号神戸線から、名神へ乗り継ぎ、一路ペンギンさんの待つ桂川へ
しかし豊中出口付近でストップ、事故で緊急工事だそうです(おいおい)
現場は京都行き側の豊中入口から少しのとこ
本線走行車と、豊中入口からの車両で、進入車両の方が弾き飛ばされたンかな
ガードレール支柱ごと薙倒して、遮音壁までいってたようです。
事故車両は既になく、復旧工事のために無残な残骸になったガードレール部品と遮音壁だったものがコーンで区画された最左車線に並べてあって、新規にガードレールの支柱を7本程新設してました。
工事が始まってるってことは、どのみち事故渋滞に巻き込まれてたんかな?
しかしETCの土日祝千円定額が始まって、土日祝の高速道路利用一般車両が一層増えたので
やはり、車が少ない時間に交通量の多いトコは抜けたいですね~
交通量が多いと事故も一気に増えますしね。

ここも、バイク特権で早めに通過し、桂川へ。
(無理に行かないので、ある程度の待ちは仕方ない)
ペンギンさんとも合流し、本日のメンバー全員合流。


■てわけでメンバー紹介

ラプちゃん:DUCATI 1098
Atsuko嬢:YAMAHA MAXAM
SATOさん:HONDA SHADOW
Taichi君:HONDA CBR945RR
あっきー:SUZUKI GSX-1000R(K3)
にっくん:SUZUKI GSX-1000R(K4)
けいた君+みっちー:Kawasaki BALIUS-II
りゅうさん:Buell XB12Scg
凡才(ペンギン)さん:SUZUKI HAYABUSA1300('08)
俺:HONDA CBR600F


もうみんな排気量が大きいっすね(^-^)
此の構成だと
Over Liter & Near Liter Class(6台)と
Under the Middle Class(4台)に分かれますが
ウチのはUMCですねw
排気量大きいのはタンデム出来そうにないのばっかりw




名神は京都東で降り、R161の西大津バイパスへ
高速出口から既に渋滞してるので、
湖西道路までバビューンというわけにはいかず
すでに時間とともに気温が上がってきてるので、
この区間みんな暑かったと思う。

今回のルートは鯖街道を通るので、
琵琶湖大橋から伸びるR477と交差している真野で降り
以降R477を暫く西へ進み、「途中口」からS字で登っていった先の
「途中」交差点から鯖街道入りです。

まぁシッカシ運悪くここから先しばらく、
序盤のおいしい区間を1台の35km/hで走る上に避けない
軽自動車に台無しにされちゃったのが残念だったなぁ
あいつさえ居なければw

残念な軽4をかわしてからは快走~
道の駅くつき新本陣にて休憩、時間が昼になっちゃってたんで
ここで、昼もとる事に
って、なんで呑吐の連中でツーリング行ったら
50%ぐらいの確率で昼飯がコンビニやねんw
(※出発が遅いからです)

IMGP0865.jpg

そんなわけで、わざわざ逆車線の道の駅にバイクを停めておきながら
ゾロゾロと道を横断し対岸のローソンで昼を調達し
また、反対側に戻ってきて昼を食べる一行…何か間違ってるようなw

食ってる最中、でかいトラックがやたらクラクションを鳴らしまくったんだが
警告対象がさっきの残念な軽4でした…何処までも迷惑なんだなこいつ…





昼食を終え、再出発
出発後しばらくしてからの
R367と保坂からの若狭街道R303東向き暫くの間ぐらいの区間は
結構快走路でワインディングも程々に愉しく走れます。
昼休憩後は先頭のラプチの後ろ2番手(道確認の関係で)走ってて
前走ってるラプチをズーッと観察してたんですが
メッチャ巧くなっててビックリした。もう去年の秋とは別人ですね。
以前は1098に恐る恐る乗ってる感が凄く出てたんですが
綺麗なフォームで積極的に1098を操ってるし
スパッと寝かし込む様が見てて気持ち良いね。
今年に入ってから半年の間でも結構色々走り回ってたみたいやし
何か彼の中で開花したモノがあったんだろうね。







さて再びR161(湖北バイパス)に戻ってきて、マキノ町海津までワープ
海津の交差点からいよいよ奥琵琶湖入りです。

しかしなんだ、湖北バイパスの上からもだったんですが
天気がよすぎて景色が凄いぜ!車載カメラ装備もってくりゃ良かった!
(ソロツーならしょっちゅう停まって撮ってたはず)
普段、冬~春先にここにくるので、発色の違い加減に驚き。


さてさて、僕がこのルートで一番好きな琵琶湖北岸沿いに進入。
湖岸に延々続く桜並木の緑と陰のシルエットと湖の淡い蒼さが
ワインディングを抜ける速度とリズムで絶妙な映像美に!
インターセプターみたいに目で見てる映像情報を誰か記録してくれとw

そんな感じで、個人的に一番愉しかった区間を終え菅浦へ到着
ぇえ、あれですよ。
ウチのブログじゃ、毎年恒例の竹庵の「かぐや餅」だよ。

とりあえず11人なので、その場にあった2箱(16個)を買って
みんなに試食してもらった。
IMGP0868.jpg

ちょうど今から、昼からの分を搗くという事なので
休憩しながら待つ事に。

走ってる最中は撮れないので、待ち時間で何枚か撮影
にしても、鮮やかだね~
掲載画像は縮小して圧縮してるからこんなもんやけど
元画像はフィルターもなんもなしでコンデジで撮ってるだけだが
とってもいい感じです(Macも新しくして画面でかくて発色良いし)

ちょうど竹庵のとこにある桟橋
IMGP0873.jpg

ちなみに春先ぐらいだと、同じ場所はこんな感じ。
DSCN1496.jpg
こんなノスタルジックな雰囲気も好きなんだけどね。


さて、餅待ち休憩中な訳だが、食い気よりも走り気の方が数名
既に、ウズウズしてまして(笑)早くあのゲートから先に!って
ま、着いた時からこの先どうなってんの?ばっかりやったしな
特にここまでタンデムで頑張ってたけいた君がもう我慢できないwみたいな
ミッチーはマグザムに乗せてもらって
600Fとマグザムは後でゆっくり行くわってことになり
先に展望台まで行ってもらいました。
真上から響き渡るエキゾーストノート(笑)←わかるヒトにだけわかる





さーて、あんまり待たしてもってことで、
ミッチーも冒険から戻ってきたし程々で出発

奥琵琶湖パークウェイの菅浦ゲートから先、つづら尾崎展望台まで
崖崩れで、通行止めの時期が長かったけど現在朝8時から晩20時まで
菅浦ゲートから月出ゲートへの1方通行でのみ通行可能です。
崖崩れの工事もいくぶんか進んでますね
(こういう場所のこういう道なので、工事も難しいし予算も捻出しにくそうで)
(そんなに劇的に工事がガンガンすすんだりはしなさそうですが)

六甲ガンガン攻め組のヒトはやっぱこういうとこもズバズバいくんやろなw
俺は程々の速度で通れたら良いわ(ヌルイw)
元々はツーリングでワィンディング全然駄目なんを、
着いていけるくらいにはなんとかしたいってのが目標だったし
その目標は最近だいぶ達成されつつある。
速く巧く走れるに越した事無いんやけどなぁ
まぁ、元のポテンシャルが低いんでボチボチ引き上げていくしか無いのよ
10年前に比べたら随分マシになったじゃんって思うわ(爆)

そんなわけでマグザムをエスコートしながら展望台到着
登ってる最中の湖側へ開けてる方の景色が良かったね
(もの凄く急に登っていってるので)

IMGP0876.jpg

高所からの絶景も程々に堪能し、15時パークウェイ後半の月出の方へ
道も悪いしソロッソロいきたいので最後尾でマグザムのお守り
しかし何やろな、読んでる方も知ってると思うけどマグザムやで?
あれでタンデムで峠でも何でもスイスイ走っていくねんけど
いっつも感心するわ…

1回転倒して大怪我してから、右が怖いって言ってて
確かに後ろから見てたら、
怖いからタメなしに、すぐに右(センターライン)まで寄っちゃって
そっから先の余裕がますます無くなっちゃってるんだが…
だがな
「減速ほとんどなし」で、
もの凄い手前でクリップに寄っちゃってるのにだ
にもかかわらず
そのままスイスイ下って行けちゃうってどういう事やねんw
謎過ぎるわw


途中で別グループで転倒者が出たみたいで
手前でペースダウン指示と誘導、転倒したバイクの修理やってました
まぁかなり大勢のグループだったし先陣も通過してるようで
問題ないと見て通過

トラブル、アクシデントは出来るだけ減らしたいですね。
ソロツーでもマスツーでも、何事も無いのが一番大事。
気をつけて無い奴なんて居ないはずなんだけどね
コレばっかりは、なるときゃなるんで
その時の被害を最小限にとどめる努力はしたい。





奥琵琶湖パークウェイも抜け、もう往路には入っているのだが
最後の目的地であるマキノのメタセコイヤ並木へ
ここは、車で相方と菅浦に行く際、最初の数回だけ通った事があり
それ以来行ってなく、最近ではすっかりご無沙汰だったんだが
湖北に来る事自体初めての人が多いし、コレ結構凄いよってことで
たち寄ってもらいました。

IMGP0883.jpg

この並木が延々2.4kmも続いてます。
もちろん途中で停まって写真撮影会~





帰りは湖西道路で帰っても良かったんだが再び鯖街道を戻る
鯖街道後、湖西道路入りする前にコンビニでじっくり休憩を取る
夕刻のこの時間、湖西道路~京都東までグダグダの渋滞は明らかだし
その後引き続き、神戸まで高速走行なので、一旦休憩入れとかないとね
※俺が一番最初にへばるからw


打ち上げ?
恒例のツーリング後の晩飯は、浦江亭が21時頃まで満杯ってことで
オリエンタルホテルのバイキングへ滑り込ませてもらう事に

まぁ当然食べ過ぎて
そっから家までが結構辛いのはいつもの事(笑)

22時半、無事帰宅。
IMGP0903.jpg

本日の走行距離:418.5km
総走行距離があと家から呑吐ダム片道分で25000kmだね。
なんとか7/7の納車、満3年までに行けそうです
1年目2年目が年間1万キロ達成してただけに
せめて半分の5千キロはいきたいもんだ。

ちなみにマキノの海津での給油分までしかまだわからないんですが
前半燃費として、184.3kmで8.51Lの21.7km/Lでした。
少し渋滞かんだりしてた割に、かなりの好燃費でした。
次回乗車時に給油するので、
そのとき今回ツーリングの総距離燃費追記しときます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした!

ブログの方に、こんな長い日記書いておられたとは・・・。
じっくり読ませていただきました♪
さすがスウさん、こんな細かい日記よく書けますねぇ!
暑くて久しぶりの長距離ツーリングだったのでとても疲れましたが、
内容の濃いツーリングで楽しかったです。また行きましょう!

> にっくん
実はブログの方にはこうしてレポかいてます
写真も適時載せられますし
mixiブログ使いにくいんですよね
日記ははじめこのブログをリンクさせてたんですが
携帯から見れないとか色々意見があって
今の形になってます。

しかしコレで、前に、にっくんがコメントで
奥琵琶湖連れて行ってくださいと書いてあったのは消化な(笑)
閲覧者数計測値
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

記事製造者近影?

崇(スウ)

  • Author:崇(スウ)

  • RH+B
    1977年製山羊座
    ■WebSite
    toybox+
    MSinBOX
月間記事製造日
03≪│2017/04│≫05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。