スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OMCS YAMAHA

今回国産ブースで一番人気だったのではないでしょうか?
新型V MAXに新型R1と気になる2台を発表の
YAMAHAブースです。
IMGP0301.jpg
でもねM1はステージにポーンと置いてるだけで、
寂しそうにしてました。


で、カットモデル迄用意されてましたV MAXです

IMGP0297.jpg IMGP0292.jpg

MCSでは川崎の先代6Rぶりのカットモデル。
こういうのがあるだけでメーカーが力入れてますよーってのが
感じれるのでいいですよね(作るの大変なんやろけど)

IMGP0291.jpg IMGP0295.jpg

IMGP0294.jpg IMGP0293.jpg

ともかく、見るだけでもボリューム感とかでお腹いっぱいになれますね。

IMGP0296.jpg




顔と尻が賛否両論な新型R1
とりあえず白カウルに赤フレームとか反則やろw
IMGP0299.jpg IMGP0298.jpg

相変わらずサイド丸出しです、クラッチリレーズのとことか粉々になりそうです。

IMGP0300.jpg

で,問題の2箇所
この目に拒絶反応がでるかでないかで、この新型に対する
見た目の評価が180度変わると思うわ(僕は…駄目な方です)
尻は寸詰まり感が凄過ぎました、スマートなR1は何処へ

IMGP0461.jpg IMGP0303.jpg

ちなみに、実際に乗車出来る車輛も展示されてまして
跨がってきました、これが凄く良かった。
今回跨いで来た車輛でダントツの1番でエエー何コレって感じ(俺様比)

まぁ起動させたら熱過ぎて死ぬんやろけど(爆)




トリッカーとかセローとか
このセローになってからのライトとビキニは凄く好き。

IMGP0307.jpg IMGP0308.jpg

Vinoはこんなのになってますね、名前違いのカゴついてるヤツとかもあった。

IMGP0304.jpg IMGP0305.jpg

その他既存車種は皆跨げるようにしてありましたエラい。
やはり既存ラインナップは出来るだけ種類多く展示
そして実際に触れるようにってのは基本だと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

閲覧者数計測値
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

記事製造者近影?

崇(スウ)

  • Author:崇(スウ)

  • RH+B
    1977年製山羊座
    ■WebSite
    toybox+
    MSinBOX
月間記事製造日
08≪│2017/09│≫10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。