スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-

B'z LIVE-GYM Pleasure 2008
-GLORY DAYS-
9/6
神戸ユニバー記念競技場
(ネタバレ記事です閲覧にはご注意を)
■Opening Movie
B'zの軌跡と1人の女性の出生からの成長をリンクさせてあり
成長した女性が水中から浮上し
ステージ裏に立ったとこからLIVE Movieになり
ステージ上まで出て来て、こう言った
「Well......... I really don't know how to say, but I guess I love you.」

□BAD COMMUNICATION

「Well...」の瞬間に「そうきたかーw」と俺も思ったが皆も思ったでしょう大歓喜!
一瞬で会場沸騰。


□ultra soul

1曲目の熱を逃さぬまま、続いて。
普段は終盤曲ですが、此処で使うことでいつもと違う後半戦を期待させます。
そして大阪ドームと違って此処で跳んでも揺れないので(爆)
思いっきり跳べるという(大阪でも結局いつも跳んでるヤン)


「 B'z の LIVE-GYM にようこそ!! 」
稲氏のB'zの…に続いてビジョンの方に開場前に撮影された
観客による「B'zの」って声入り寸ギリ映像を数種つかって
「B'zの」「B'zの」「B'zの」「B'zの」「B'zの」って感じにしてあった
たまにサポートメンバーも混ざってたりで
で最後のシーンはツアートラックが映し出され…
ドライバーズシートの方へドンドンズームアップして行ったら其処には
TAKさん!←あんた何やってるの(爆)
そして一言「B'zの」
に続いて稲葉さんが「 B'z の LIVE-GYM にようこそ!! 」


□裸足の女神

3曲目って大抵すこしテンポの緩い曲を持ってきますが
3曲目にして「ナナナナー♪」です
いいのか?と思わせるこの予想できないセットリストが素敵


□BLOWIN'

この曲を神戸でやったら風が吹きます(笑)
この辺からとても心地よい風が、時折り会場を吹きぬけるようになります
レスポンスの「BLOWIN' IN THE WIND」の一体感が良いよな


□ねがい

この1週間、天気予報はほんとに安定してなく
前日でも雨になったり変動しまくりで、
おまけに前日の夜に雨まで降って、機材リハが一時中断してたのに
(近いので、晩に様子見に行ったのさ)
当日はこれでもかって位の晴れ!(暑)
ねがいがかなったわけで(^-^)

WOWYEAH かなへたまへ このねがひ かなえろよ・・・
WOWYEAH かなへたまへ このねがひ かなえてよ・・・

序盤は総出でレスポンス系か


□今夜月の見える丘に

この曲始まるまでは、月がね雲に隠れて見えなかったんですよ
で、曲が始まったら朧月状態から少しずつ顔出すんですよ
(ステージ反対方向、要するに我々の真後ろに月はいました)
途中で月が現れてくる映像がカットインされてましたが
ドンだけ空気読めてるんだ御月様!(笑)ちょっと凄すぎ。
TAKさん、ものすごくリフ変えてましたね


□もう一度キスしたかった

導入部がはじまってすぐに「どよめき」がおきてた(爆)
やんのか!これやっちゃいますか!的なドヨドヨドヨ
「キャー」とか「ワー」とかよくあるが「どよめいた」なんて始めてやわ
ライブではこういう完全バラードはそう何曲もやってもらえるもんじゃないので
思い入れのある曲を多くやってもらえるとやっぱうれしいね


□MC
マスターオブセレモニーの内容は…そのときは稲氏独特の言い回しが
面白くてクスクス笑いながら聞いてるんだがー
終わったらなかなか思い出せないので困る!
こういうとこ覚えてる人ほんま尊敬です
のでどっかに書いてあげてください(爆)
久々のPleasureで色々やりますよ的なことを言ってたようなー…


□恋心
振り付けが久しぶりすぎて分かってるねんけどたまに間違えるw(必死)

松本に相談しようか(MACHAN MACHAN HELP ME)のとこ
ヴィジョンで松本さんがハートの枠窓になってたのがー!(爆笑)
恋心の相手先は其処じゃねーじゃん


□孤独のRunaway
とっぱしめの「JUST A RUNAWAY」は何人の方が反応できたかな?
普通に無意識に声が出てご満悦でした~。
最近のLIVEでは聴けないような好きな曲を聴ける可能性があるのが
Pleasureのイイトコだよね。


□Don't Leave Me

いつもの稲氏のブルースハープショー劇場かとおもいきや
めずらしくTAKがギターで絡んできてて
あらコレはどうなるんやと思ってたらDon't Leave Meにいきました
最後、稲葉氏が凄いシャウト頑張りすぎで次曲に余波が(笑)


□OCEAN

インイヤーモニターの調子が悪いのかな?
稲葉氏がしきりに片方ずつ触って調整してるみたいでした。
コレの影響か先のDon't Leave Meの最後の影響か?(笑)
なんかちょっと声が変だぞな箇所が在ったり無かったり。
ヴィジョンの方もノイズが入ったりしてたので機材トラブルがでてたのかな?
その辺がちょっとザンネン


□NATIVE DANCE

あーいーあーい あーい あーいあいー♪(笑)のアレです!
振り付けとかあるねやー!(爆)
単純やけど左右に人がいるので絶対無理やろこの振り!
オープニングの女性が最前列で観戦してるのも映し出されてました
もちろんちゃんと振りもやってましたよ~(笑)


*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
■FLASH BACK MOVIES
太陽のKomachi Angel
Easy Come, Easy Go!
LADY-GO-ROUND
BAD COMMUNICATION

メンバーの休憩時間です(笑)
兼、次のセットの準備時間です(笑)
兼、観客爆笑の渦時間です(爆死)

凄い古いテレビ出演時の映像

いや、若いって怖いよね(謎)
稲葉さんも今じゃ色々引き出しを一杯作って色々できるけど
最初はアレしか出来なかったのをがんばってやってたんだよ(爆)

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+


*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
■スタジオ「SOUND JOKER」に見立てたセットにて
□Oh! Darlin' (The Beatles)
□だからその手を離して -Karaoke style-
□いつかまたここで


TAKと稲氏とがB'z結成前に最初にセッションしたスタジオが
「SOUND JOKER」というとこで
(よく狭い雑居ビルでって話に出てくるスタジオですね)
そこに見立てた簡易セットにて2人だけで
当事を振り返って色々おしゃべりしてくださいました
なかなかこんなに長い時間昔のことを喋ったりしないので
すごく良い雰囲気で良いもん見たなっておもえます。

そこでセッションした曲がThe BeatlesのOh! Darlin'ともう1曲なんからしいですが
2曲やってか2曲目の途中かでかギターのアンプが壊れて続行不能になって
なんかもうそれで稲葉氏は仕切りなおしもなしで何も言われないまま
バンドを組む「流れ」になってたらしいです。
あやふや過ぎます。
そんなわけで二人きりでOh! Darlin'をやってくれました。

その後はデビューしてからライブ活動の代わりにやってたギターセミナーで各地を回った話に変わりヴォーカルとギターを抜いたCDをかけてやってたんで盛り上がってくると振動で音とびが(爆)って話をしてると
セットのドアからスタッフが1本の青いギターを持って入ってきまして。
所期にずっと使っていたYAMAHAのあれです。
なんか一杯あると思って渚園で燃やしちゃったら、実は3本しかなくて
渚園2Daysだから2本使っちゃってもう1本しか残って無いという
馬鹿話が出てました。(当時は僕も調子に乗ってて~とかテレごまかししてたよ)

で当時を再現すべく?ヴォーカル・ギター抜きのカラオケCDにて
二人で「だからその手を離して」を
もうね、笑わすのメインかよってくらいカメラのフレームの取り合いをしてた(笑)

最後は、
稲葉氏「20年前に創った曲を聴いてもらったんですけど、次は最近創った一番新しい曲を聴いてください!」
で「いつかまたここで」をやってサウンドジョーカー幕引き
(なのだが何度もドアの隙間からきょろきょろしたりでなかなか引かない稲葉さん)


*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

□ONE

さて、本編再開をぐっと引き締めるナンバー
「The Ballads -Love & B'z-」に収録されるまでは
シングルのギリチョのカップリングで結構隠れ名曲でしたが
今じゃすっかり大人気曲か?ウルトラトレジャーにも収録されますね


□LOVE PHANTOM

思わせぶりに緑のレーザーで後ろ側に向かって
長~~~~い間ビロビロやってたので
ん?ん?また稲葉氏は高いところに登らされるのか?とか
ちょっと(かなり)期待したんだが~(もうやんらんわw)

「そして私はつぶされる」のとこはまたOPのオネーちゃんかなとかも
一瞬思ったが日本語だからやりませんねー流石に!


■メンバー紹介(SHANE/BARRY/大田/増田)
□ZERO

かなりアッサリ目のメンバー紹介を済まして
増田さんのソロからそのままZEROへ
やはりイントロは回る回る~
後半戦へのラストスパート開始の狼煙ですね


□juice

つづいては特効の火炎が熱すぎる~
一番大きい火柱の時、うちらだいぶ離れてるのに

一気に熱かったからなぁ~
相変わらず途中が長い~
コール&レスポンス楽しいけどね。
曲に戻ってきた時にあぁまだ途中うやったわっていつも思う始末


□愛のバクダン

で、火をつけてから爆弾に点火ってことかー!
しかしコレでは愛の花火に~(爆死)


□BANZAI

きました「シェーン」コーナー(違)
ドンドン ドドド ドドドド ドドン
ドンドン ドドド ドドドド ドドン
チャッチャッ チャチャチャ チャチャチャチャ 万歳!
いつもですが、ある種やばい集団ですー!


□Brotherhood

稲:え~、僕ら20万年前に…………気持ちとしてはそれくらい(笑)
20年前からライブをやって色んなとこに行って、
色んな人に出会って絆が生まれました。
誰ひとり欠けてもこの絆は生まれなかったと思います。
そんな大切な絆で繋がった、仲間の歌です。一緒に歌いましょう。

一転、シリアスなMCをはさんで、火照ったソウルをギュッと締めるこれ
復刻Tシャツもコレになったのでやらないわけは無いでしょう!
We'll be alright
ライブはやっぱ、全く知らない大勢と、ほんのちょっとの知り合いとでの、
全員での一体感が良いんだよなー


□ギリギリchop

さて最後~

稲葉氏 引っ張ったらとれるズボン履いてました。
で、自ら引っ張りました


当然、ホットパンツスタイル!@40代半ばのオッサン!(見えん)


さぁてタオルの出番ですー
座席にタオルのパックが貼り付けられていたんですが
前から順に後ろ側へレインボースペクトルグラデーションになるように
各色が配置されてました。
ステージ照明も、最初のBAD COMMUNICATIONが赤で其処から順番に変わってるようになってたね
みんな明日筋肉痛必至です!が!ぶんまわせ!


■ENCORE
□グローリーデイズ

"Thank you!"で一旦閉幕。一旦座って、もちろん何処からともなく始まるウェーブ
ステージ中央のモニターにツアーロゴがレベル式メーター状になって表示される
盛り上がりに応じてメーターが微妙に上がったり下がったり(たぶん適当に手動)

「もう1曲(もういっちょ?か?)新しい曲やります」と稲葉氏
今回新曲の知識無しで来てますんで初聴きです
新曲の初聴きは、叶う事ならライヴで聴けると幸せだと思う
インパクトが全然違う。

(さてこの最中、アリーナ面上のアリーナ席とスタンド席の間の柵してある通路にスタッフがケーブルを引いてました。コレは!絶対!コッチくるぞ!と期待を胸に膨らませてました)


□RUN
だれかがまってる(Run for your life) 
どこかでまっている(Let's Run)
死ぬならひとりだ(Run for your life) 
生きるぞぉ!

がききました!
で、さっきのケーブルと、アンコールが2曲の場合は伏線的にRUNで稲葉氏がRUNなわけなんだがー…
アレーそのままステージで終わっちゃったよー?


□Pleasure 2008

そしたらもう1曲ありました、はい、そうです。
これ、やらないわけは無いだろうに。
わざわざ2008まで作ってウルトラプレジャーに入れたんだし。


自分以外のことになんて興味をもてなかった あいつも
生まれてはじめて守りたいものが見つかったんだと 僕を見た



最後の一曲を終え
恒例の「せーの」


「おつかれーーーー!」






をやった後、ステージ両袖から両氏が降りてきたー!
(ステージ向かって左側からTAK、右側から稲葉氏)
やっぱ関係あったじゃんケーブル!


終わったあとの超サプライズ!


しかもだ今日の席はアリーナの中盤の「最左端っこブロック」
TAKコッチ来るやん!
最終的に目前2mぐらいのトコまで来ていただけました!
ちかすぎるー
ちょうど機材系のテントの後ろは席が無く大きくスペースがとってあるのですが
そのスペースからコッチに向かってズンズン歩いてきてくれてるんだよ
いや、これは、興奮しましたマジで。


TAK、稲葉さん 両氏会場最後方へ移動後、御立ち台で挨拶後
競技場ゲートから退出(陸上競技場なのでゲート内にスタッフ用通路入口がある)
(Ending S.E."いつかまたここで")





いやー
サイコーです(了)





(コピペ用)
【SET LIST】
00. Opening Movie
01. BAD COMMUNICATION
02. ultra soul
03. 裸足の女神
04. BLOWIN'
05. ねがい
06. 今夜月の見える丘に
07. もう一度キスしたかった
08. 恋心
09. 孤独のRunaway
10. Don't Leave Me
11. OCEAN
12. NATIVE DANCE
13. Oh! Darling
14. だからその手を離して
15. いつかまたここで
16. ONE
17. LOVE PHANTOM
18. ZERO
19. juice
20. 愛のバクダン
21. BANZAI
22. Brotherhood
23. ギリギリchop
■ ENCORE
24. グローリーデイズ
25. RUN
26. Pleasure 2008
27. Ending S.E. - いつかまたここで




※確認と記憶が薄れてるとこ思い出すのに、
いろんな人のレポ参考にさせていただきました
どうもありがとう(^-^)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。
今週末豊田スタジアム13・14日行ってきます。
今からとっても楽しみです。
B'zはやっぱりライブがいいですよねぇ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

グッズのレビューも書きました

> KORさん
2daysおつかれさまでした!
僕の知りあいも数名参加してたようです。

普段きいてるのも勿論良いですが
ライブは特別ですよね~


> Pear+さん
どこからとも無くと言うか、全員近辺の席の人です(笑)
人のを読んで、自分用に更に書いてみるのもアリかと思いますよ~
閲覧者数計測値
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

記事製造者近影?

崇(スウ)

  • Author:崇(スウ)

  • RH+B
    1977年製山羊座
    ■WebSite
    toybox+
    MSinBOX
月間記事製造日
07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。