スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨の最中のMoto Weekend

■B'zのLIVE IN なんば を観ながら♪今頃初見
(ステージが近いな~行けた方ホントうらやまし!)

さて今日も、天気は曇り気味だが夕方迄雨がもちそうなので、昼からお出かけ。夜に作った、けいた君用のステッカーは今週外すと渡す機会が少ないので、けいた君がテニスの試合後帰宅時にダム通るのであわよくば渡せるだろうと思い封筒に入れて車載しとく。
で、天気が天気だけに、ダムも人少かったわけだが、コニカミノルタの600RRのорёл君が居られました。(ていうかорёлでは読めないと思いますが…ロシア語でアリョールで鷲という意味)


時間があったのとちょっと走りに出たかったので道案内役でアリョール君の移動のお供に、夕方には降り始めることを念頭に早めに移動なんですが、アチラもコチラも昼飯がまだだったのでとりあえず神戸北町のマクドで腹ごしらえ+談笑。
DSCN1986.jpg DSCN1987.jpg

15時頃、店を出て移動開始。



青空市場のある日の蜂5丁目から、2丁目の突き当たり迄抜け右折して甲栄台3丁目のとこで北鈴側にでて北鈴入口からR428入り、次の小部峠の信号から六甲入り。
この道はクムちゃんに教えてもらったんだが混まなくてすっと通り抜けられるのでこの辺りを通る時は利用させてもらってます、地元民の知ってる道は便利よねやっぱ。

(DVDが気になってナカナカタイプが進みません…歌ってるし<今realのとこ)
(ああー、しかも次devilかよ~<はよ書け)

そんなわけで「西」から「東」の「西宮」側へ(笑)
R428下ってR2とかR43とか普通に混んでますしね、信号も車も多いわけで、天気も気温も落ち着いてて時間がある時は、気持ちよく六甲走って抜けた方が良いよな。
もう初めて行った頃は…というかゴクゴク最近までは、ヒヨヒヨしながら一般車の後ろをチョロチョロついていくだけだったんだが、ここも何となくだいぶスイスイとは行けるようにはなってきた(ガンガンは行けません無理、谷に落ちるか壁にブチ当たるのが関の山、スイスイ位が性に合ってるから良いさ)
チマチマと実験してるセッティングの成果でしょうね、フォークをF4i用にして前後共セッティング出来るようにして、徐々に乗りやすいように変わってきてます。
ぶっちゃけライダーの性能アップには殆ど期待出来ないのでバイクに乗りやすくなってもらうしか無いのだ(爆)

んな感じで、前走車に引っかからん限りはミラーから600RRが消えないようにチェックしながら快走~涼しくて良い(丁字迄は結構ひっかかってましたが)
丁字越えて東側は鉢巻山トンネル越えた辺りからずっと下りで前に車も3台連なってたので燃料温存の為にギアはNで下った(笑)帰宅迄ギリギリぽかったので。
Nポジションで下ると車輪がノーフリクション状態に近いので結構面白いのよね、スイスイ感が、しかも勾配キツいから位置エネルギーだけで60キロ以上すぐ出ちゃうし。
んなわけで東の西宮迄来たとこでアリョール君とお別れ、Uターンして単独戻った。

気になることが在ると、其処ばっかり気にして他のこと忘れてやってる場合が多いので、今日は初心に戻ってを念頭に、それ+気になることを付加みたいな感じで走ってたら良い感じにまとまってた。
暫く身体が覚えていてくれたら良いが…
やっぱ基本が大切ですね~なんでも。



そんなわけで呑吐ダムに16時45分頃戻ってきました、途中で燃料残量警告が表示されましたがまぁ家までもつでしょう。
DSCN1993.jpg

それよりも誤算はさっきのマクドで100円玉を全部使っちゃったんだが…加えて財布に千円札が1枚もなかったんだよ
ダムに戻ってきたのに缶ジュースの1本も買えなかったという(T-T)
お金がなかったんじゃねえ、使える通貨を持ち合わせてなかったんだ~(滅)




で、まぁ、それはおいといて、帰ってきたら黒い600RRが居ました、コレで此処で見かける'07以降の新型600RRは3色か。954も青と赤とが来てた、タイチ君の黄色と後誰かのガンメタぽいので4色は居る訳だな…、そういえば昨日は600F乗ってて初めてF4iの600Fとすれ違いました!表六甲の下の入口手前で、後はF4iが数台…他府県からかもしれませんがとりあえず「在る」わけだよな(笑)
しばらく後、重低音と共にMT-01が参上
DSCN1989.jpg DSCN1990.jpg

りゅうさんのお知り合いの方のようでCBR(の何かわからんけど)から乗換だそうです、特筆すべきはエンジン停めてからずっとマフラーエンド辺りの上の空気がずっとユラユラと陽炎を起こしてたことでしょうか、ずっとです、冷めないようです…マフラー冷却用のファンがついてました(エンジンは空冷ファンレスなのに)
んー、しかし存在感が凄いね。
ものすっごい重いこと以外は、かなり乗りやすくて楽しいそうですよ。
振動は、耐えてください~♪
DSCN1996.jpgDSCN1998.jpg





其の後、けいた君と連絡がとれ、無事ステッカー納品。
そろそろ時間的にも雨降られたら嫌なので帰投(燃料もないし)
DSCN1999.jpg

てことで、あと52キロで2万キロ!
ダム往復+12キロだな。

そんなわけで、今、RUNの最中ですが此処で終了
心ひらける人よ行こう♪
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

閲覧者数計測値
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

記事製造者近影?

崇(スウ)

  • Author:崇(スウ)

  • RH+B
    1977年製山羊座
    ■WebSite
    toybox+
    MSinBOX
月間記事製造日
09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。