スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鯖街道~奥琵琶湖ツーリング

とりあえず画像だけ編集したのでアップ
さーて、予定より30分寝すぎました!(笑)
朝起きてすぐテーピングの貼り直し、コレの貼り具合による固定・可動・血流阻害の具合でツーリングに支障が出るか出ないかがわかれるんで確実に。


一緒に行く そりどらさんとは7時~7時半予定で名神吹田SA集合と伝えてあったんだが
部屋内での準備が整った時点で6時半、其処から外でカバー外してエアチェックしてバッグ類搭載して暫く時間かかるんで7時半にギリギリ着くかな?ってとこだったんで、そりどらさんにメールしたところ…

「現在吹田SAです」
え?まだ今6時半やぞ?って…あんまり遠出しないので吹田SAまでどれぐらいかかるかが判らなかったんで早めに出たらしい…(ハヤ過ぎ、過ぎます!)普段早く起きるのが普通になってる人なので早い…
こっちは出来る限り早く着くように出発


7時35分頃、名神吹田SA到着、そりどらさんのF4iと合流
3号が西端から摩耶辺り迄そこそこ混んでまして、5分程予定時間から遅れ、お待たせしました。ここでとりあえず8時前迄休憩。湖東の湖岸道路から奥琵琶湖へのアプローチルートか、西側の鯖街道からのルートにするか相談し、鯖街道ルートにしました。
DSCN1480.jpg DSCN1481.jpg

新型600RRのコニカミノルタGPレプリカカラーがいた
DSCN1482.jpg



さて、8時前に吹田SAから出発して、名神は左ルートの「大山崎」で降り、以後R171→R1にて京都抜け、清水寺を左手に山科へ抜けて9時頃給油。ちょっと京都市街で時間がかかりますねぇいつも。
名神京都東のとこでR161の西大津バイパスに乗り、琵琶湖大橋の西の「真野」迄、ココも1部渋滞で停まってたが程々で通過、「真野」からは何がレインボーロードなのか判らないR477を西へ向い「途中」へ


「途中」からは若狭路こと鯖街道のR367に入って一路北へ
ここ初めてなんですが、景色もいいし程よくワインディングでいいね。途中工事で道路と並行する河を仮設道路というか橋で跨ぎ、工事区間の終わりで又跨ぎ元の道に戻るって変則コースも(笑)しかし仮設の橋が鉄のメッシュグレーチングみたいなので出来てるんだが、雨の日あれ2輪無理やで…まぁそんな場所もありましたが、10時過ぎ、道の駅があったので休憩(道の駅くつき新本陣)手首の事もあるので出来るだけ1時間毎に休憩入れて様子見。まぁ心配していた程の不備も無く順調でした。
DSCN1483.jpg

ここでフォルツァと合流…は、してませんよ、たまたま隣にいただけ
DSCN1484.jpg DSCN1485.jpg

朝は結構冷えてたんですが天気良過ぎでインナーに着ていたベストはココでお役御免、畳んでクルクルっと巻いてシートバッグ内に収納。とりあえず急に仕事が入って参加出来なかった はしけゑさんに、めっちゃ快晴とかいう写メ送っておいた(^-^)
ココからは鯖街道の残りからR303へ入り湖岸方面の風車街道迄移動のルート、R303は民家が増えて来るとこ迄来ると多少混雑してましたが湖岸の方迄着たらあんま交通量ないね。
風車街道も北へ


さてR161の「海津」の交差点で左折、奥琵琶湖方面へ
桜100選に選ばれる場所で開花後は、道は一方通行になり、桜見物客の大群が押し寄せ、その湖岸を彩る桜並木の絶景に呼応するような壮絶な渋滞の地獄絵図と化すそうなんで花の咲く前に来たわけです(笑)
ココは普段、冬場雪のそろそろ無くなってきた頃に来るので春来たのは初めて、2輪で来たのは2回目。去年は来れなかったんだよな。桜は10ら頃開花予定だったので、桜の樹は枝先にピンクの蕾を沢山付けて、まだ開花してないのに景色はややピンクになってました。「大浦」で一旦集落ぽいとこに出て、目的地迄後少し「菅浦」の方へ
奥琵琶湖パークウェイ菅浦~月出間が冬季通行止めの影響で、いつも来る時はココが終着点の竹庵へ11時半到着。
DSCN1491.jpg DSCN1500.jpg

かぐや餅は蒸した餅米をその場で杵と臼で撞く、ヨモギ餅です。今迄はおじいさんとおばあさんが二人でやってる時にしか来た事無いんですが…春で雪も溶けて、そろそろ桜の季節なので来客が多いのか大増員の5人でやってました(土日だけかな?)。
かぐや餅は1つ100円で箱は8個迄入りますが1つからでもいただけます、家の分、相方のとこの分、ダム関係の方への当日土産、自分たちが今から先つまむための4箱購入~
DSCN1503.jpg DSCN1504.jpg


先客と自分の4箱とでちょっと時間がかかるので、その間に周辺の景色を撮ってみたり。琵琶湖はいつも通りボヤッとモヤッてますな。なんか東はすっきりしてるのに西と北はモヤモヤしてるよないつも、東は平野で西は山麓が近いからか?
DSCN1492.jpg DSCN1493.jpg

桟橋が写ってるヤツがお気に入り
DSCN1495.jpg DSCN1496.jpg

F4がちらっと写ってるが、1日で3台みました、PC35には1台も会わなかったのに…。あと隼はなんか京都や滋賀方面に来るとなんであんなにようさん居るんやろかと…。
DSCN1501.jpg DSCN1502.jpg

このあと、初、菅浦ゲートインで月出方面へ奥琵琶湖パークウェイを通りました、流石崖崩落とかで一方通行になってるだけあって(爆)1つ目のコーナーからやらかされて以後超軽快にではなく警戒しながら走行、ブラインドコーナーのクリップにあれは無いだろ~(気になる人は行ってみてきてください)
まぁでも崩落処理跡やら工事中やら、通行の関係で枯葉たまりになってるとことか路面が悪いと事か色々あるけど、景色がかなり良い、南側登ってる時は左右とも湖面が見えてしかも下からとは全く違った見え方で良いわ。


奥琵琶湖パークウェイを抜けてR303へ出たらいよいよ折り返しでマキノ方面へ向い突き当たりのR161へ、「海津」「西浜」まで戻って、そのままR161で帰っても良かったのだが、帰りも鯖街道を通る事にしたのだが、R161とR367をつなぐR303の途中ぐらいで、菅浦を出発してから1時間ぐらい時間は13時頃ミラーでみてると、どらさんのペースが落ち気味なので、路肩がチェーン装着場のような感じで広くとってあるところで休憩入れる事に、気温も上がり、さっきお腹に、かぐや餅入れたのでソレがきいてきたのかも。
集中力欠けの時は一旦降りて暫く休んでるだけで結構回復するもんなので、特に何もせず、暫し写真撮ったり、通っていくバイクみたり。
DSCN1509.jpg DSCN1510.jpg




休憩後、次の休憩は昼飯という事で鯖街道迄行き、13時半頃行きに停まった道の駅のちょっと南にある蕎麦屋へ入った…が印象は味ではなく値段だった…高いわ
どらさん的に公平な判断では10割蕎麦にしては味は悪くはないらしい「が」やっぱ値段がwってね
普段、公楽さんで美味い蕎麦を食べてるので、比べて劣るものだとすぐ判るようになっちゃってるようです…やはり公楽で「おろしそば」やなと…
DSCN1511.jpg

後で調べると「永昌庵」という超有名店があるらしい、場所は崖崩れで川俣ぎの迂回路になってたとこのすぐ北らしい
ううーんオシい、次は其処に行こう!


昼飯後、鯖街道南下、車が居るのでナカナカペースは上がらず、ノロいのと温いのと、腹の消化とが「途中」の手前からだいぶ利きだしていて、「途中」での信号待ち最中に どらさんにも、このまま途中トンネル抜けで京都迄抜けるか、行きに通ったR477戻ってとりあえずコンビニがあったし其処で休憩入れるかきいてみたら休憩入れたいみたいだったのでR477へ
3時半頃、最寄りの駐車場がやたらでかいローソンへ
DSCN1513.jpg DSCN1514.jpg

ちょっと風邪気味なんもあって、ココで座って休んでたら、フーッと意識が薄れて、船こいで寝てたりしてた、だいぶ疲労はしているようで、でも後ちょっとなんで、ココでしっかり休憩を入れる(ていうか半分寝てたー)


なので結局、来た道を帰るルートで西大津バイパスに乗りーって渋滞しとるやんけ!
山科~京都は地道は使わず京都東から名神で移動
んで最初の桂川PAで停まり、オレがお土産を相方のとこに置いて来る都合上、そりどらさんには吹田SA迄移動してもらい、其処で休憩&待機を御願し、
その間、オレは大山崎で降りてお土産を届けて再度名神入りで吹田SAで合流という手筈にしてもらった、ついでに各自給油もすませる形で
DSCN1515.jpg

そんな感じで任務遂行後のSAでの合流~(笑)


後はもう、吹田から西宮→3号へ
3号西宮から京橋で、どらさんとお別れ
オレ須磨→大久保で降りたんだっけなこの日はで帰宅。
この時点で18時半帰宅の420キロ結構良い距離だね。
DSCN1516.jpg

そのご休憩してから、浦江亭で今日の打ち上げ?で飯の為に元町迄移動
飯食べて、閉店後ラプちゃんのお誘いでハーバーハイウェイを流して某カマボコの前でだべってから帰ったら、こんな時間に…2時半て!しかも走行が500キロ超えになってたリー
そりゃな、眠いはずやわ。
DSCN1519.jpg

そんなわけで、そりどらさんお疲れさまでした、また行きましょう!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

本当にお疲れ様でした!
ずっと先導してくれてたので
疲労度はスウさんの方が大きかったでしょうね。
申し訳ない(--;)
またどこか行きましょう!
・・・適度な距離の場所にw

ちゅうか

> そりどらさん
先導といっても2台の場合は、ソロとあんま変わりませんよ
バディーであろうが他人であろうが後続車輛は確認しますからね~
また今週行くかい?今度は近場で
桜の通り抜けでも、アレ一回やると、またやりたくなる。
なかなか迫り来る桜吹雪が素敵なの
閲覧者数計測値
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

記事製造者近影?

崇(スウ)

  • Author:崇(スウ)

  • RH+B
    1977年製山羊座
    ■WebSite
    toybox+
    MSinBOX
月間記事製造日
08≪│2017/09│≫10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。