スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008大阪モーターサイクルショー#06

HONDAさん
本田さんのカタログは鈴木さんのとは似て非なるものでした
2008 OSAKA MOTORCYCLE SHOWと書かれたタダの総合カタログ
1枚ものA2の4つ折り、しかーも、1000RRが2007モデルのまま
ヤル気ねぇ~
(国内仕様、輸入仕様問わず自社製品なんだからカタログ作れよとWEB上だけでも)
そら、こっちもうまくいかんのが納得・・・


なわけですが端っこの方で新型1000RRと並べられたRC212Vには跨げるようになってました、端っこの方で・・・壁際で長蛇の列(爆)まぁ大鬼君は列んで跨いだそうです。
でなかにこんなネタを披露するヤツが居たりしました(ドラヘルでGPマシン)
一斉にカメラがそっち向きましたね(笑)まぁこういうのもありでしょう。
DSCN1254.jpg DSCN1250.jpg





さて新型CBR1000RRはサッパリ持ち上げられずに1台だけが隅の方に212Vと共にチョーンって感じでしたが、今回本田さんはコレを大々的に宣伝したかったようで、ほぼこれ一色の構成でした
DN-01/"Discovery of a New Concept - 01"
DSCN1259.jpg DSCN1258.jpg

水冷4ストロークOHC V型2気筒680ccエンジン搭載
クラッチ操作を必要としないオートマチックトランスミッション(HFT)搭載

DSCN1261.jpg DSCN1260.jpg


CBかつGLかつシルバーウイングやらフォルツァみたいなことよな
デカすぎず小さすぎず、なおかつ操作が簡略化され~でも脚がタンクホールド出来~
ようするにビッグスクーター + CBな(いいとこ取り車種を作りたかったみたいな)
DSCN1269.jpg + DSCN1265.jpg

まぁ普通にクラッチレバーがなくて数回スカッと指の感触が無いのを繰り返したのはいうまでもない、ハンドル周りは案外簡素です、ゴチャゴチャいっぱい機能がついてるイメージだったんですがなんも無い。この右側のだけめっちゃピンぼけやな・・・
DSCN1270.jpg DSCN1276.jpg

まぁSSとどんだけ待遇差があったかというと新型1000RRはたった1台だけのを隅っこでチョーンだったのに対し、DN-01は展示用オンステージでバックにムービー付きで乗車用中央壇に3台さらにお向かいのホンダドリーム迄使ってそっちにオプションつきとかのを4台か5台置いてた(爆)
DSCN1271.jpg DSCN1275.jpg

その他フォルツァのオプションとか無限仕様とか
DSCN1268.jpg

DSCN1266.jpg DSCN1267.jpg





さてトリはその1000RRです
本発表前に雑誌で見た時は、ええーコレは無いやろとクムちゃんといってたんですが、アチラで本発表されたプロモとかの状態では結構よくて期待して行って来たんだよ~(なのに1台でカタログも無し)しかーし!コレは!オレ好みじゃん!
結論から言うと'06年に今のウチの子'06CBR600F(PC-35)を選ぶ時にCBR600RRor1000RRがこの顔だったらRR選んでたでしょうってくらい個人的には気に入りました。その多各部も良好
DSCN1241.jpg DSCN1257.jpg

このお顔ってさF4iと前RRのちょうどハーフぽくて素敵なのよな~、しかも適度な丸みが好みです(直線構成よりも曲線構成が好きなので)ハンドル等のポジションは前RRと比べ楽です、クム号で感じがわかってるのですがアッチはキッツイもん。見た目もそうですが過剰スパルタン路線からちょっとマイルド寄りにもどしたんかな。
DSCN1245.jpg DSCN1249.jpg

といいつつリアシートは無いに等しいですが、人間はともかく荷物も辛そうですね。ただリアシート自体は広くて平たい座面なのでなんとか荷物の固定は考慮されてそうですね
ステップ周りのポジションは前RRに近い感じでした。
DSCN1247.jpg DSCN1248.jpg

下からアングルでもあんま変な感じにならない。
さっき書きましたが後ろはこんな感じ。
DSCN1244.jpg DSCN1251.jpg

1台しかなかったので実物で確認出来るのはこの白黒だけなんですが、この白黒がいいと思うわけで<他の色よりね)いや~誰かコレ下さい。
DSCN1243.jpg
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

オレもCBRにはビックリしました。雑誌や写真とは全然印象が違いますね~
自然光の下で見るとまた違って見えるでしょうから、実際に走り出すのが楽しみです。

自分と同じ感想ですね。
正直DN-01あんなにたくさんいりませんよ。
1000RRをステージ用にもう一台、さらに場所もあんな端っこにしなくてよかったでしょう。
新しくなったCB400SFも1台だけ。
それを考えると、どこかクルーザー的なものを強調したいようなニュアンスを受けてしまいました。
クルージングできる場所なんて日本じゃ高速くらいなのに(苦笑)

そもそもDNは乗ってナンボなバイクですよ。
じゃなければデザインはまだ突詰められたように思うんですよね。
あきらかに快適性とタンデム性を狙ってきてますから。


それを必死に見せよう見せようとするのであれば、デザイン以外での魅力、新世代オートバイとしての提案をしっかりして欲しかったですね。

そうじゃないと素人の自分が考えるマーケットってものは、ATで快適で、でもスクーターじゃない人が注目しそうなバイクを求める団塊おやじくらいしか乗ってくれませんよね。

買い手がそういう考えを持ってしまうと、やっぱしそういう人しかかわないものなんですよ。

ま、ホンダさんはこの機構を使ったネイキッドを作り、次にツアラー。後にはSSに!なんて考えているんでしょうけど。。。。


CBR1000RRは印象がガラリとかわりましたね。
いや~あれはいいですよ。
自分も欲しいって思えるバイクでしたね。

> 大鬼君
実物見て考え改めますってパターンだよね
実物が良いものってのは良いことだけどね
(逆は最悪だが)

> nonさん
まぁ意外とカップルが注目してましたね
赤いやつ乗ってる方々のように
予断ですがこのカップルがのいてくれないんですよねー(爆)
5分待って諦めました。
女の子が前ってのも珍しかったのでそのまま掲載~

RRに関してはnonさんとは形状的な好みがよく似てるので「やはり」な感じで(^-^)
閲覧者数計測値
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

記事製造者近影?

崇(スウ)

  • Author:崇(スウ)

  • RH+B
    1977年製山羊座
    ■WebSite
    toybox+
    MSinBOX
月間記事製造日
07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。