スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サスペンション調整

FTDからこっち、ライダー重量に後ろサスが完全に負けてる実感があったので調整せんななと思い、調整前に一応の予備知識を着けるのに資料を色々読んでたりしてたわけだが、先の帯状疱疹とかソレに至るまでの体調不良状態で実物で調整したり試走したりって機会がなかったんだけど、やっとこの度、一旦調整しました。
今のリアサスの初期プリロード値が13ミリになってるので其処から逆算して
多分バネは5kg/mmのものだと思われます。
13mm×5kg/mm=75kg(※かりに4kg/mmでも72kg)でどう考えても
自分の体重を支えるのは無理だよね~ってことなので
試しに2ミリ(10kg)位を目安に油圧プリロードを作動させてみた。

これがやっぱり今まで座るとフワンフワン気味だったシートがグッとはって
試走した限りバイクがキビキビした感じになった
本当は、リアはもう少し柔らかさを残したまま、
フォークの方を少しプリロード抜いてダンパーの方を利かせて調整とりたかったんだが
あいにく'06の600Fはフォークに一切の調整機構が存在してないので
リプレイスものに換えてあるリアサス側のみで調整をとるしか無いのよね。

ま、ともかく土曜の日中にある程度は試して感触が良かったのでこの方向で行こうかと。
で、問題のフォークはオークションでF4i用を落とすか
マトリスさんとこのインナーカートリッジ(正立用)を入れるかで悩み中。
これは今オクにいい出モノが在るんだけど、先にkinさんに色々相談してから
決めたいと思う。
(でもめっちゃ多忙のようで、休みの日に他所に出店とかが多くて機会が持てない)

とりあえず覚え書き
Prelord 13mm→+2mm
ReBound Max12クリック戻し→追加2クリック戻し
Compression Max 10クリック戻し→追加1クリック
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プリロードは、、、

私が聞いたのは、プリロードは、サグ出しする時に決めたら変えないこと。
その後の調整はダンパーで。
です。

体重にあったスプリングレートに変更すること。
です。

それはむりってもんだ

> Chessくん
正確なサグ出しも体重にあったスプリングレートのバネも
ソレは全部変えれる機能がついてる場合だけでしょうに
出来る事の中で全部やりくりしていくしか無い場合には当てはまらないよ。

出荷状態の600Fなら調整出来るとこは、リアサスのプリロードが6段階だけ。

これをキミが聞いたことに当てはめると、勿論サグだしそのものも出来ませんが、何一切さわれないという事になりますね。

まぁあくまで合ってない状態を改善させる事が目的なので
あれこれ駄目だったら出来ないんだよね

?

スプリングレート5kg/mmはちょっと考えれないよ?
スプリングに数字が書いてあるはずやから今度見るね。

※プリロード値を変えてもスプリングレートは変わらないよ。

??

> kinさん
みてくださいー(笑)

プリロード締めたら、初期動作重量っていうんですか
動き始める時の加重値が変わるでは間違え???

レート自体は変わらないのは解ります。

問題は僕がお休みの時に、kinさんが居るかどうかですね(切実)
閲覧者数計測値
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

記事製造者近影?

崇(スウ)

  • Author:崇(スウ)

  • RH+B
    1977年製山羊座
    ■WebSite
    toybox+
    MSinBOX
月間記事製造日
09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。