スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単3電池仕様

コントローラー側の電池をボタン電池から単3電池にする事で、安定した送信出力を維持して操作性を高めるというヤツです。
昼間にクムちゃんポム樹氏に先越されてたのですが…早く帰れたのでホームセンターで電池ケースとケースとスナップで接続出来る配線を購入して改造しました。


最終的には、中のボタン電池ケースが鬱陶しいのでとっちゃいました(笑)電池ケースはダッシュボタン側にオフセット、ダッシュボタンを押してて赤外線発信を塞いでる場合があるので防止の為です(効果の程は判らないが)

クム氏達はカバー付きのケースがあったらしく(しかもON/OFFスイッチ付き)そんなものを使ってます、羨ましい!!,ウチは行ったとこにはカバー付きケース等は売ってなかったよー(T-T)なのでこんなん。
シンプルにはまとまってる。


Qステア用プレイフィールド
IMG_2439.jpg


材料はプラベニヤ 樹脂製のダンボールだと思ってください、防水でやりたい放題、ホームセンターの養生材料を販売しているところで手に入ります、1畳サイズを基本に、1/2、1/3、1/4とサイズがあります(1畳:1820×910)
PVC製のアングル材(10×10×1m)高さが10mmで充分Qステアには柵となります。プラベニアとは両面テープでつけました。モール材の一種なので普通の両面テープこの場合10mm幅でOK

デミオ君の後ろハッチの畳める台の上にぴったりサイズなので1/3畳サイズをチョイスして、少しみんなに遊んでもらいましたが、飛び出して落下する事もなくプレイフィールドとして上々のようです。
ダンボールで円を2つ切抜いて置いたら8の時コースになるし、楕円を1つ置いたらオーバルになります、て感じで手軽にコースも造れますね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

閲覧者数計測値
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

記事製造者近影?

崇(スウ)

  • Author:崇(スウ)

  • RH+B
    1977年製山羊座
    ■WebSite
    toybox+
    MSinBOX
月間記事製造日
07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。