スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q STEER

TAKARA TOMYのチョロQのモジュールで赤外線操縦RCのQ STEERがダムメンバーで流行っているのでのっかりました~。

QSS-14 白のMAZDA RX-7
とチョロQのマツダロードスター(銀)



家に帰って早速ボディー載せ替え手術(笑)
旧規格のチョロQ(窓が別体クリア部品の分)のRX-7(アンフィニー)を移植。 


さらに其れが出来てから、ロードスターも移植手術してみましたが、コッチはオープンカーなのですが、蓋状態になってるシート部分を切除してみても中身の基盤の高さがどう考えたって、はみ出・・・(トランク部分がつっかえる)
しかし、無理やり調整(爆)現物合わせ要加工主義者なので…
qsteer070716a.jpgqsteer070716b.jpg

基盤が・・・もろですが・・・許せ。
qsteer070716c.jpg

テール部分の引っ掛けフックは爪部分を平らに切除してL型にしたピアノ線にて(延長)フック代わりに

qsteer070716e.jpg


ボディー裏ですが左からアンフィニの7、本来のボディー、ロードスターになってます。
ロードスターは見たまんま、切り抜きまくってます、削り屑が多量に発生して掃除機かけたし(爆死)
7は、タイヤハウジングを少々修正、ギアが干渉する後ろ隅の部分もかなり削りました。あとフロント部分は元のボディーを参考にシャシーが合うように削りこみました(赤い部分)
ロードスター・7とも、後述しますフロントの爪引っ掛け部分をグリルを開口することで引っ掛けれるようにしてます。


さてシャシーです。

ボディーはチョロQでおなじみテール中央の爪と、フロントはチョロQと違いノーズ部分裏で爪を掛ける凹みがあります
これが、そのままだったら良いのですが、わざわざ接着してあります(軽くですが)なので破損しないように接着部分を剥がします(今回は手持ちのトライツールの平ノミを使用)

qsteer070716f.jpg

まず基盤なのですが調べると、新旧あるようです、画像赤枠内が3つとも縦に並んでたら新しいそうで…うちのは新機種なのに旧基盤かよ(爆死)

次にモーターですが
qsteer070716h.jpg

ギアがついてないほうが、モーター取り出しようの穴から見えると思いますが、此処の色が3種あるとか
うちのは白ですが、黄色と緑があって性能が違うそうです。

最後にフロントですが
qsteer070716g.jpg

先っぽの出っ張りがボディー固定用の凸爪です、チョロQからのボディー移植の際はこれに合うように替えボディーに細工しましょう。
で、ボディーめくってやっと調整できる場所がありまして、赤で囲んでる金属パーツ(円筒状)、図示してありますが、後ろ側に押し込むとステア戻りが強くなり直進性がアップ
前側に引き出すとその逆になります。

てなわけで、すんなり載るかと思いきや、少々加工がいるようです(特に古いタイプのチョロQはね)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

閲覧者数計測値
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

記事製造者近影?

崇(スウ)

  • Author:崇(スウ)

  • RH+B
    1977年製山羊座
    ■WebSite
    toybox+
    MSinBOX
月間記事製造日
09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。