スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧眼(1/144で3つ目)製作中

随分前に、MG WガンダムVer.kaの顔をHGUCガンダムヘルメットに装着したものを掲載してましたが、アレの本体を細々と作っていた分を、最近またチマチマと作業再開させているので紹介。


頭部:HGUCガンダムヘルメット+MGWガンダムver.ka顔
胴体・腰・足:HGUCヘイズル2号機
肩・腕・太腿(膝関節まで):パワードジム
スネ部分は、Pジムの膝関節の受け部分だけをジムストライカーのスネから切り取って移植して外側は、GFFジムのスネのレジン複製です、Pジムのスネは陸戦ガンダムに使っちゃってて、当時部品請求は在庫無しで入手出来なかったので、こういう方法をとりました。




今晩の作業はコクピットハッチ部分の制作と、股関節軸の調整でした。
股関節軸は、一旦切除後に2ミリ前へ移動させたポジションへ
その際に、軸の根元にwaveのU・バーニアフラット(1)の6.0ミリの分を挟み込み,少し脚の付け根をを外側へ広げています(当然ですが軸自体は1ミリ真鍮線で軸打ちしてます<じゃないと強度ないもんね,すぐに取れるか折れちゃうかだ)

股関節軸を前方へ移動させたのは、通常状態では立ち姿をとらせた時に腰パーツが前上がり後ろ下がり状態になってしまい、前後垂れ装甲や、突出部分が横から見た場合非常に不細工だった為、腰パーツが水平になるように前方へずらしたわけです(人間の骨格でも骨盤に対して大腿骨付け根は前方側にありますしね)

脚付け根を外側に広げたのは、やたら付け根が中央ヘ寄ってると安定感がない感じがするからです、此処を広げることによって足腰のどっしり感と言うか安定感がグンと出ます、華奢な感じが抜けると言いますか。そんな狙いです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お世話様です。

どうもです。
こちらのアプロダに 旧インストの立体があります。
なかなかカッチリした造詣で好みです。
アニメ劇中はこれの『線』を減らしたものだ~。
(もしくは解像度をさげたもの)
と独り納得しつつ製作中。

やはり方向性は似ておりますね。

肩位置が上方に1~2㍉移動してますね。
どうやったのですか?

入れ忘れました。

こちらです。
ttp://ver-ka.hp.infoseek.co.jp/

失礼いたしました。

うーん

> 丈さん
肩位置は肩関節のポリキャップの位置を下げることによて
肩自体を上側にリフトしています。

弊害は、腕を左右方向に水平にあげてもう一度下げると
ポリキャップが肩軸より少し抜ける側に移動してしまうということですね
ソコは、いちいち戻すので問題なしです!(爆)

たびたびどうもです。

URLのご紹介、不手際で申し訳ありません。
お目当ての画像はご覧いただけましたでしょうか?

肩軸…やはりそうでしたか…。
関節部分の間延び感と相まって、妙に腕が長く感じていました。

私もスウさんの方法も検討しました。
実際は肩関節軸を切り取って、上方に移動する方法を
とりました。

それでも“手なが”感が取れませんが…。
当方まだまだ検討の余地ありです。

勉強になります。ありがとうございます。

> 丈さん
もう1つなんか小細工してたの思い出しました。
僕も、あの手が長過ぎるのってどうにかならぬものかと思っていたんですが
上腕は、外装部品を肘のマル1接するよう下げれる加工して
上側に突き出す形で余るフレームを削っています

下腕の方は腕の内部フレームを後ハメの関係で弄られると思いますが最終的に接合時には,上腕と同じくマル1に接するぐらいに突っ込めるようにしてあります
この肘関節の間延び感を詰めることで少しは解消されるかと思います。
閲覧者数計測値
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

記事製造者近影?

崇(スウ)

  • Author:崇(スウ)

  • RH+B
    1977年製山羊座
    ■WebSite
    toybox+
    MSinBOX
月間記事製造日
10≪│2017/11│≫12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。