スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

600Fのお勉強

CBR600Fの沿革というページを作りました。
前あったヤツの手直し+別ページにしたものです。

PC25とPC31の違いが分からないんだが、誰か知ってる人おしえて
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

すごい!
何か見比べられて楽しいです~
自分も今更ながらバイクのページを作ろうかなあ。

ソンな事を数日やっていたわけですが

> トール嬢
此処も面白い。600Fは結構カラーリングも種類あって
カラーリングの方を集めて紹介されています。
http://kamige.at.infoseek.co.jp/cbr600f.html

ヨーロッパ、北米、国内と3種類出荷地域向け仕様があって
その3種とも別々にカラーリングが数種類設定されているので
多くなっちゃってますね(笑)
F4iは初年度位しか載せてありませんがこの後も年ごとに新からーが(笑)

おぉぉぉ~~

凄いですね~。
ネットでそこここ探し回ってもなかなか情報が載ってないんで同じ車種に乗っている者としてありがたい限りです(w

意外とないですよね。

> 柴亜さん
無いですよね、ないけど自分が知りたかったので調べて作っておきました。調べても記憶しておけない人なので、いつでも見れるように(笑)
とくにFは日本ではさほど人気はなく、主にヨーロッパにて人気なので余計に日本語サイトは見かけないのかもね
カラーリングのサイトの方も、外国に行っておられた方のようですし。

さて、
英語だが翻訳ページをかませるとある程度は読める。
http://www.sportrider.com/bikes/2003/146_03_honda_cbr600rr_timeline/index.html

どっかの外国語のwikipedia、日本語のヤツは項目削除されてるよね
http://de.wikipedia.org/wiki/Honda_CBR600

このほか、たまたまいつぞやHONDA BIKES誌vol.16で新型600RRのおかげで歴代CBR600について書いてあったのでソレ目当てでその雑誌その号だけ買ってたりしてます、

おじゃまします

う~ん、、、ホンダサイトでおいらのF3の後期型(グラブバ-&シートカウル変更)形式がやっぱりPC25だった。すると、おいらのPC31は何なんだろう???スウさん詳しくわかったらおしえてね。

p.s.コメント最上段「トールさん」ってアノ、チェスタ-乗りだったト-ルちゃん???だよね?

PC31

> ダッシュ☆がすくん さん
PC31ここに表記があるんですが何語か分かりません。
http://de.wikipedia.org/wiki/Honda_CBR600

トールちゃんは、今でもチェスターのりのトールちゃんですよ

追記PC31

どうもリンク先はドイツ語でしたので
ドイツ語→英語翻訳をしてから、其れを日本語翻訳してみたところ

まんまF3に相当することが書いてありましたので
此処からは、推測に過ぎませんが
普通に海外仕様(若しくはヨーロッパのみ)のF3は全て
PC31なのかもしれません。(PC25から刷新された)
そして当時マーケットの狭い国内仕様はPC25フレームをそのまま使ったのかもと推測されます。

謎は解けかけPC31

なるほど~!当時の仕向地かなんかの絡みですかね?
気になるのは間違いなくフルパワ-かどうかやな、国内の69ps仕様だったらガックリ。。。
F3オーナ-見つけたら聞いてみるかなw

パワー制限

> ダッシュ☆がすくんさん
パワー絞ってある場合、吸気・排気・電気で絞ってあると思うので
とりあえずエアクリーナーの中チェックです。
キャブまでのインシュレーターに内径を狭める処理がしてあったら
国内仕様モードですしなければ、多分フルパワー車
もしくはフルパワー化されているものと思います
閲覧者数計測値
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

記事製造者近影?

崇(スウ)

  • Author:崇(スウ)

  • RH+B
    1977年製山羊座
    ■WebSite
    toybox+
    MSinBOX
月間記事製造日
07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。