スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KSR110にトップケースつけました。

積載能力がないKSRに箱をつけました。


前回の武川フェンダーレスキット
ナンバープレートホルダーが破断しちゃったやん事件の補修の関係で
川崎純正(しょぼい)キャリアが装着出来なくなってしまっていたので
まずは現状でも装着出来るキャリアの入手からでしたが


一般のKSR用のキャリアは
シートレール後端のテール部品吊り下げボルト穴から弓形のステーを生やして
シート後ろのストラップとカウル共締めのボルト穴とステーの穴の4カ所で
カウルを無加工でキャリアを装着するようになっていますが

武川フェンダーレスのウインカーステーが弓形ステーと場所が被る為に
弓形ステー装着型のキャリアは不可なんですね

しかし
ライディングスポットのキャリアならカウルに穴開け作業が必要なものの
シートレール後端のボルト穴に直接固定してしまう構造なので
これなら装着が可能って事でヤフオクで探して落札してみました。
(新品買ったら高いのでw)

こんなん。

で、落札後にモノが予想外に早く来たので
Amazonに2つ在庫があった
GIVI(ジビ) E300N 未塗装ブラック
を発注するぜーとアマゾンさんみたら昨晩は2個あった在庫が無くなり
通常1~2か月以内に発送とか表示になってた・・・

なのですが別件でいった近所のバイク7で
ワイズギア版の同じGIVI(ジビ) E300NがセールでAmazonプライムより
ほんの少し安く出ていたので即買い!
川崎車にワイズギア製品だが気にするなw
そして今のところFAZER8につける予定はないw
さーて、少し風の強めな7月5日金曜日の晩に取付け作業


このライディングスポットのキャリア、
キャリア中央付近にある後ろ側支柱になる縦向きボルトのとこだけ
カウルに穴あけすれば良いように一見思えますが
実のところ、前側の接続部分になるスペーサーがはいる側
こっちも元々のボルト穴を拡張してスペーサーが貫通するようにしなければならないっぽい
たぶん前オーナーはソレがわかっていなかったようで
前側のステーをちょっと広げて無理矢理つけてたようだ
カウルを貫通させてシートレールにリジットに固定するのが正解。
広げてあった部分は矯正して元に戻した。

IMG_3359.jpg

穴の拡張はリーマーでグリグリやったら簡単
キャリアつけたらこんな感じにこれが着いたら後は簡単。


今度はキャリアにトップケースのベースの固定
IMG_3361.jpg
シート取り外しのキーシリンダが隠れちゃわないように
少し後ろ目にベースを取付け。
あんまり前にせっつけてしまうと
トップケースが邪魔で乗れなくなっちゃうでしょうね


ベースが着いたのでトップケースを装着
IMG_2571.jpg
30LなのでKSRには少し大きめ?

後ろから
IMG_2572.jpg
まぁでもメットもはいるし
ケース自体は外れるので要らない時は着けなけりゃ良いしね。
これでKSRの便利度がグッとアップ!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

閲覧者数計測値
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

記事製造者近影?

崇(スウ)

  • Author:崇(スウ)

  • RH+B
    1977年製山羊座
    ■WebSite
    toybox+
    MSinBOX
月間記事製造日
03≪│2017/04│≫05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。