スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェーン整備

天気が悪いですなぁ
一応梅雨入りしてるらしいしね


ちかごろサッパリ起動させてなかった600Fですが
チェーン整備をちょっとさぼっていたので
昨日クリーナーも買っておいたので、朝からチョットしてみました。

IMG_0051.jpg


ブラシはクリーナーと抱き合わせのが値引きしてあったので買ってみた。
地面にはポリ袋をカットして敷いて置く。
(風でまくれるのでクラフトテープで貼っておく)
ウェスとかでも良いんだろうけど
最後にコレでゴミを全部包んじゃえば良いのでラク
下のコンクリート土間もぐちゃぐちゃにならんで済むし


後輪も新聞紙で養生
水をかけるわけじゃないので新聞紙で十分。


IMG_0050.jpg



後輪を手回しでチェーンを動かしつつクリーナーをジャーっとかけていく
汚れが溶けはじめたらブラシをかける
3方向ブラシなので、上からと下からでかけてあげたら
かなり全周で汚れが浮いてくれるので
クリーナーで流して後はウェスで拭き上げ。

綺麗になったらルブを内側のローラーのとこへプシュプシュ噴いて
後は余剰分をウェスで拭き上げたら終了。

はいはい綺麗になりました。
乗ったらやっぱりフリクションが軽く変わってるんだよね。
渋くなっちゃう前にはやっておきたいもんですねぇ・・・






ヘルメットとグラブが届いたのに全然乗れなかったので
チェーン整備してからチョロっと呑吐ダムへ。


IMG_0145.jpg

4月末頃まですっからかん手前だった貯水量も
すっかり復帰してますね。



チェーンも軽くなったし。
RF-1100良いですね。
比べるのがX-9だから余計かもだけど
かなりの快適さ。


IMG_0148.jpg IMG_0146.jpg



通気効率は凄く上がってますね
視界も広くなってるみたいで見やすい。

グローブもレーシンググラブだとこういうチョイ乗りの時ご大層だけど、
装着脱もしやすいし基本は同じなので良い感じでした。


呑吐たくさん人は居たけど知り合いが全く居らずw
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

(・-・)・・・ん?

スウさんの600Fってマフラー換えてますよね?
それでもセンタースタンド使えるんですか?

あと、海外製のメットって大丈夫なんですか?

質問ばっかですんませんw

むむ?

> レイニイさん

僕は独自にセンタースタンドにスタンドストッパーを作ってつけてありまして
たとえ排気管そのものがなくてもセンターストンド適度な位置でとまるようにしてますので
純正マフラーについてたストッパーがなくても大丈夫なのです。


海外メットについては
とりあえず1つは
海外製ではなく国内製の海外モデルです。
AGVとかスオーミーなんかだと海外製になりますが
SHOEI海外モデルはMade in Japanと記載されてますね。



なんか同じような質問と回答があるとこがあったので
其処からの引用でこんなんでした

>>
法律で決まっているバイクのヘルメットは、
道路交通法の下位規則「道路交通法施行規則」で以下のごとし。
一  左右、上下の視野が十分とれること。
二  風圧によりひさしが垂れて視野を妨げることのない構造であること。
三  著しく聴力を損ねない構造であること。
四  衝撃吸収性があり、かつ、帽体が耐貫通性を有すること。
五  衝撃により容易に脱げないように固定できるあごひもを有すること。
六  重量が二キログラム以下であること。
七  人体を傷つけるおそれがある構造でないこと。

PSCマークは消費生活用製品安全法で決めた特定商品品質基準表示でライダーは関係がない。
粗悪な商品を市場から締め出す為と、
消費者(今回はライダー)が使用していて製品の欠陥による人的被害の公表と善処の為。


SGマークは道交法で決められているバイクのヘルメットには使われない。
幼児用自転車ヘルメット等の玩具と同じ扱い。


だそうです



あとSHOEIのサイト上で
http://jp.shoei.com/about/ja/news_20100528.html
日本国内で販売されるオートバイ用ヘルメットには、必ずPSCマーク(国の安全基準に適合していることを示す)を貼付することが法的に義務付けられています。

と記述されています。
「日本国内で販売される」です
つまりコレは「売る側」が売る時に必要な義務ですよね。



法律的に適合したヘルメットを自作した場合(あり得んけど)
こんなマークついてるわけはないですが
基準を満たしているものでシールがないものが
違反として捕まるかどうかって問題ですよね。




今回PSCの基準が改正されて
http://bikelife.nifty.com/cs/news/detail/100528036841/1.htm
いままで其処だけが基準に引っかかっててという

従来、ヘルメット表面の形状は半径75mmよりも大きな曲面で構成されていなければならない、とする「75R規定」が義務付けられていたが、改正により「75R規定」と共に、半径75mmよりも小さな曲面を持つヘルメットについては、新たにヨーロッパで採用されているECE R22/05規格の突起物の表面摩擦試験(*1)に合格していれば認められることになった。

という部分がクリアされたので
SHOEI VFX-W、XR-1100が国内販売されたわけで
SNELL通っていて、外観上も今回のPSC基準を満たす国内仕様と同じですので
道路交通法的には問題無いとは思います


ただしMFJの公認シールは
日本仕様「のみ」が申請されてるみたいで
レースとか出られるなら被れませんね。


安全性は規格で証明されてるので
あとは法律的に取り締まる側がどう判断するかですね

ってのが自分なりの見解です。
閲覧者数計測値
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

記事製造者近影?

崇(スウ)

  • Author:崇(スウ)

  • RH+B
    1977年製山羊座
    ■WebSite
    toybox+
    MSinBOX
月間記事製造日
03≪│2017/04│≫05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。