スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツーリング後整備。

キャブクリーナーでのスロットルボディーの洗浄で
一時不調が改善されていた600Fですが
最近また始動時にゴボゴボいってたり
セルフチェックでFIランプ2回点滅とか
アイドリング値が若干低いとかでまた不調が再発中です。

ですので、洗浄作業で一旦改善したわけだし
また開けて洗浄しましょうかと。



今回はキャブクリーナーをただ流し込むんじゃなくて

IMGP3033.jpg

画像のようにクリーナーのノズルを曲げて
スロットルを全開にしてバタフライの中にある
インジェクターのホール内へクリーナーを直吹き
コレを何回かやって、
コレまた曲げた綿棒でグリグリ拭いてみました。
その後にエンジンをかけてストールしないように
1気筒ずつクリーナーをふきこんでみました。



あと気になった部分で1カ所
Pbセンサーについてるホースは何ともなってなかったんですが
エアクリーナーボックスの後ろについてるNo.1/No.4負圧チューブ
コレが外れてる場合とかがあるらしい、
勿論今までついてたので気にしなかったんですが、
外してみたら先の方が割れてた…

IMGP3029.jpg

まぁ割れてるけど先端部分だけで、リングスナップで抜け留めしてる辺りは割れてなくエアを吸ったりはしてないはずなんですが予防の為に先っちょだけ切り落としてチューブは再度差し込んでおきました。



上記2つの事をやったあとの始動では異常は全然起こらず、アイドリング値も規程の1400rpmでした。
やっぱ調子悪くなったら定期的にクリーニングするのが良いみたいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

閲覧者数計測値
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

記事製造者近影?

崇(スウ)

  • Author:崇(スウ)

  • RH+B
    1977年製山羊座
    ■WebSite
    toybox+
    MSinBOX
月間記事製造日
07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。