スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペレーション

そろそろ麻酔が切れてきて縫合部分に軽い鈍痛が出てきました。

さて本日は皮膚科で外科手術受けてきました。
目の時と同じ病院。
何をしたかというと
外皮軟性腫瘍切除です。
簡単にいうとイボとりですね(笑)

かれこれ10年近くになります
右肩の首の付け根背中側に
この軟性腫瘍がポッコリ出来はじめて
まぁその時は病理検査で良性だったのと
別に害がなかったので放置してたんですが

コレが1立方センチぐらいに成長してまして
アトピーの調子が悪い時とかね
バックパックを背負ったりしてると
摩擦で表皮が破けて出血してしまい
後暫く当て物してないとならないので結構邪魔だったのね
(しかも表皮よりも盛り上がってるので当て物も貼りにくい)
んで
まぁ前々からコレ取ります?ってきかれてたのと
時間がある時に取ってしまおうと思ってたのが
ちょうど今時間があるので前回通院時に手術予約取ってたのです。

それで前回受診時に感染症等の検査を受けて本日午後からオペでした。
感染症の方も
RPR定性/TPHA定性/HBs抗原/HCV抗体/HIV抗体
勿論全て陰性でした。MRSAスクリーニングもなし
(春の眼科のときもやったけどw半年以上で期限切れだったのさ)

さて背中側ですので手術台にはうつ伏せで寝転がり
(したはクッションふかふかにしてもらってました)
消毒して穴あきシート貼りつけて、局所麻酔をプスプス射って
お決まりの「麻酔きいてるか試しますね」ですw
(要するにちょこっと切って痛いかどうかだw)

後は事前説明通りに切開していき
腫瘍の根っこ部分を細かく切除していってるはずです
(何も見えンから判らん、やられて感覚だけ)
途中2回ほどチクチク痛みがあったので麻酔追加しました
まぁ後で病理検査にまわす摘出部位を見せてもらったら
表面に出てる部分の1.5から2倍ほどの体積が埋まってたので
ソコソコ成長してたみたいね。

切除後は縫合して終わり。
縫合は内部は解けない糸で死ぬまでホールドだそうです。
下手に解けるヤツだと抑えが利かなくなった時に問題が出るそうで
で表面は抜糸する糸で縫合(黒って指定してたヤツだと思う)
洗って消毒してパッド貼って終了。
診察室まで戻って説明受けて来週抜糸です。
なんか傷口は縫合して2日ほどで引っ付くらしく
2日ほどは防水のシートとかし濡らさないでシャワー可能
それ以降は洗っちゃっていいらしいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

閲覧者数計測値
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

記事製造者近影?

崇(スウ)

  • Author:崇(スウ)

  • RH+B
    1977年製山羊座
    ■WebSite
    toybox+
    MSinBOX
月間記事製造日
08≪│2017/09│≫10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。